旅日記 NEXT DOOR 台北

ここでの話はチョットした旅の話を綴っています、、、。

先日台湾に行ってきた

行くようになって10年程 この10年であれば台湾は品川より行っている 目的は「食べる」だ

CNNがグルメ旅すべき国として1位を挙げたのが台湾 順位は兎も角自分も台湾は旨い!と うなずける

で今回も羽田からビューンと飛んでドスンと台湾 台北 朝7時に出て10時には喧騒の台北だ 空港を出た途端ムッと絡みつく湿度に我が癖毛がむくむくと動き出す あぁ 又来たね と実感

先ずはカロリー消費の為街ブラしながら向かうのは毎度行く小籠湯包屋さん ここで1つ 街に小籠包と小籠湯包の看板がある 「湯」はスープの意味だから小籠湯包の方がスープはタップシアルヨ ということだと思っている  ここの小籠湯包 旨いんです オーダーしアチチアチチのセイロを開ける 湯気が美味しい 先ずは先っちょを箸で目の高さまで摘んで持ち上げる ティアドロップ型にビヨーンと伸びたフォルムはシズル感タップシ ウシシ レンゲにのせて皮を箸でメチっと開ければスープがサラサラー すかさず すする 旨!で 一口で喰う (イメージ画像)

ビールがチェイサー   たはー  オデコを叩きたくなる 2コ3コ繰り返す 意外に冷めるのが早いので後は皮を開けずとも口の中に放り込んでもいい 旨いんだな 

まあ 食べてました 1日5〜6食

では 食べてない時は何をしているかというと カロリー消費の為の街ブラ 

中正記念堂という場所がある 広い敷地にコンサートホールやイベント会場なんかもある 今まではこの敷地を近道の為に通り過ぎたのだったが折角だから 本堂に登ってみた 急な階段を登ると本堂の中に蒋介石(台湾の偉い人)の銅像が鎮座してる(6メートル程) ワォ!で その横に衛兵シュッとしたイケメンである 直立不動ジーッとしている モイスチャータップシ 不快指数タップシの中 瞬きとかすかに喉ボトケが上下する位 観光客がアチーアチーと言っている最中涼しい顔 どの位この姿勢でいるのだろう 時計は45分 もしかして、、急に係りの人が出て来て道を作る 交代の時間 コレが又カッコいい シンクロナイズドウォーキング 足音が大理石のお堂に響く 静寂と精悍 聞けば軍のエリート達らしい 納得 見れて良かった ただ恐い気もするのは自分だけでは無いと思う

そういえば台湾はつい最近まで一党独裁的政権だった

台湾をブーラブラしていてぐるりと見渡せば必ず何かを食べている人がいる 人々の活気にこちらも楽しくなってしまう キョロキョロすれば「どうした?」と親切に出会う いいんだよねぇ しかし 同時に不思議に思う事がある 台湾の歴史を辿るとオランダ スペイン 日本の植民地を経て中華民国が政権を形成すると次第に恐怖独裁的な政権となって戒厳令が布告され それが40年程続くきました  世界に翻弄され民主化になったのは今から30年前の話

なのに人々から過去の暗さを引き摺る雰囲気が伝わって来ないのは南の国の大らかな気質というものなのだろうか?

こうも思う

人は「食べる」事により不安や辛さ 悲しさを一時忘れる事が出来る

人は「美味しい物を食べる」と幸せになり元気になり夢を見る事が出来る そして優しくなる

中国語の挨拶に”吃飽了嗎?”(ツーパオラマ?)と言う言葉がある “元気ですか?"こんなニュアンスで使う が直訳すると “ゴハン食べた?"だ

辛い時 悲しい時 これではいけないと思う時 人に優しくなりたい時 美味しいゴハンを食べればいい

歴史濁流な呑まれながらも独裁政治と闘って自由を勝ち取った台湾の人々

台湾の人々は美味しいゴハンを食べる事でも活気づいて親切にもなっている気がする

だから台湾のゴハンは旨いんだな

心がささくれたらまた行くのだ

2017-07-22 | Posted in ISHIKAWA旅日記, ISHIKAWA'SPAGEComments Closed