旅の不定期コラム

旅の不定期コラム オッチャンのツイート

 旅の不定期コラムです

 歳月の流れを一区切りとする単位に『十年一昔』というのがある

10年という数字に区切りがしっくりするし ”最小公昔数” な感じもする

 長旅にでて11年帰って9年が経つ 一昔前の出来事だ

 21世紀に入りこの10年の時代の移り変わりの速さは更に加速したと

感じてしまう 段々と新しいものに順応出来ないことが出てきたという事は

”オジサン” というスペックが1つ又1つと増えてきているのだろうか、、、

 自分は昭和と平成を同じくらいしか!生きていない なので 昭和の

時代を遠き目で懐かしむ人達より少し若い世代だ が 昭和は青き春と共に

生きてきた最後の世代ではある

 いずれ20世紀より21世紀の方が長く生きられることが出来たら

ハイスペックを通り越しフルスペックな ”オジサン” になっているのだろうか、、、

 しかし自分を”オジサン”と揶揄するのは自虐的に他ならない

”オジサン”というと加齢臭とは別の”いじけた思想で時代の大河の流れに

乗れずユラユラ滞留している腐敗した臭い”というのがそこはかとなく感じる

 なんともやるせない気持ちになるのでこれからは自分のことや腐敗臭を

感じないオジサンを ”オッチャン”と親しみをこめて言おう

 このオッチャン(自分)も世の流れに巧くラフティング出来ているのだろうか、、

 タッチパネルは画面を強く押してしまいがちだし 

家電そのものは叩けば直ると信じている

 あたりを見渡せばプロスポーツ選手のほとんどが年下になった

『今だ現役』 という言葉を言ったヤツにムッとし言われた人にグッとくる

 気づけば自分達の青春を彩ったアイドルが白髪隠しのCMに出て

今のアイドル達は友人の子供と同い年 なんてことになっていた 

 やっと最近スパゲティーをパスタとよぶのに慣れてきたところだ、、、

 時代は移ろい流れる これは分かる

今の時代は ”そろばん勘定”では弾けないし 

渋谷の街の人ごみを”黒山の人だかり” とは言えなくなった

 時代は便利とマジョリティーに流れる これも分かる

 時代の流れは人々に平等に流れ 各世代で平等な速さでは流れない

 これを分かってもらいたい

 1999年から2001年まで世界をブラブラした 

’99年といったら ジャイアント馬場が亡くなり 郷ひろみが ♪アーチーチー♪♪

と渋谷でゲリラライブした年であって ’01年といったら iPodが発売され

アメリカ同時多発テロがおきた年であった、、、

 旅のマストアイテムにガイドブックがある 当時『地球の歩き方』『旅行人ノート』

がメインだった まだ『地球の歩き方』の本の側面が青かった時代だ

又 この当時発売間もない『旅行人ノート』はバックパッカーの為の本なので

特に人気があってアジア横断組は”アジア横断” アジア逗留組は

”メコンの国”を持っていた 今では 自分の持っていた”アジア横断”は絶版

後に改訂版となり ”メコンの国”は第4版になった、、

 バックパッカー達はガイドブックをコピーしたり 旅人から直接情報を

書いてもらったりと各々ガイドブックをカスタマイズしていった 又 

それでも情報が乏しい時は”日本人宿”というのが世界各地に存在して

この宿を目指した 宿には必ず”情報ノート”というものがあり

 各々が体験した旅の情報が網羅されていた

稀にポエム的なことも書いてあったりするが 大体が旅に役立つこと 

請け合いだった

このノートで旅人は旬な情報を得たり ノートに手書きで更新し直していった

カレーライスさん”手書きによる オリジナルガイドペーパー(フリー)

があったり 旅の先駆者が足跡を残してくれたりもした

 ”旅人の旅人による旅人の為のガイドブック”が各々にあった

今と(2010)違うのは ”旅人のアナログによる旅人の為のガイドブック”だった

 B.T(before 旅)少し前 旅人同士のアドレス交換は家のアドレス(住所)

であったが 自分がブラブラしていた頃からアドレス交換にE-mail を加えた

旅人が増えた メモ帳の途中当たりから多くE-mail が足されてきた

この頃はHot mailがほとんどで Yahoo!のアドレスは珍しく 

本当に”ヤホー”とよんでいた人が多かった(自分はヤッホーと思っていた)

そんな時代だった

 旅の師匠伊藤さん(旅日記1 旅のはじまり 参照)にE-mail addressを

作ってもらいその後のアドレス交換にはこのアドレスも書くようにした

 旅人と旅先での近況を分かち合う為 ネットカフェ(各地結構ある)に連日通い

今か今かと数日待って受け取ったmailはローマ字読みも苦ではなかった

 とある国の日本大使館宛に送ってもらった手紙を受け取りに

わざわざその都市まで行くのも なんの苦労も無かった

そんな 時代だった、、、、

 2001年2月 南米クスコという街の宿で日本人のオジサンに出会った

セミリタイアして一人旅に来ているのだという このオジサンの長ーい話の

中に「これからは携帯電話が色んな機能を持つ」と言っていた 

「世界中どこでも話せる」と言っていた これは分かる が 「GPS機能で地図

代わりになり 店や宿など街の情報が携帯電話1つあれば情報が得られる」

と言った 口角に泡を溜めながら力説していた 、、、 

「ガイドブックもいずれ必要にならなくなる」 とも言った

そんなバカな、と思った なにふざけたことを とも思った 最後のほうは鼻白んで

聞いていたのはホンの一昔前の出来事 それから数年後の2008年

メキシコをブラブラしている時持ってきていた携帯電話にmailが届く

勿論日本からだった 『今 メキシコだよーん』と送り返すと 

興奮した面持ちですぐmailが帰ってきた クスコのオジサン改めオッチャン!

申し訳なかっった!!

 これから携帯電話は更に進化して機能が充実していくのだろう

 こらからのバックパッカー達の中からガイドブックを持たず 携帯電話1つで

旅の情報を得て 世界のどこかで1人ぼっちでツイートしても世界中から

誰か答えてくれるのであろう、、、、

 時間と時代は速くなり便利になった しかし、、、

『まっすぐな道は つまらない』

種田山頭火の俳句だ 好きな言葉だ

 待ちわびた時間 たった1人物憂いな夜を過ごす時間 

古い情報で彷徨い歩いた街 一言も日本語を話さない日々、、、

 たまにはこんな不便がいいのだよ と これからのバックパッカーに

オッチャンは つぶやきたい

 コラムのオマケ

 そろばん….古典的な計算補助具 電卓に代わっていった

 渋谷の街…..今の10代後半~20代女性の7割は髪を染めた経験あり(美容データ)渋谷の街は9割の女性が茶髪(個人データ)

 日本人宿….日本人が集まる宿 時代と共に人気宿が変わる

 カレーライスさん….日本人の旅人 中東ではお世話になりました

 ネットカフェ……街のゲーム屋さんという側面も持つ

 種田山頭火…..五七五にとらわれない自由律の俳人

 

2010-06-11 | Posted in ISHIKAWA旅日記Comments Closed 

 

旅のコラム 忘れられない味

 旅の不定期コラムです

味覚の基準は慣れ親しんだ舌が記憶する家庭の味が大半を

占める 幼少の頃友達の家で出されるカルピスの濃度の違いに

敏感に違和感を感じ 嬉々として飲む友達の姿を不思議に

チラ見したものだった 慣れ親しんだ味付けやトッピングは

家庭の違いや土地の違いもあるがそれでもそれぞれであり

マズイというのはマズ無い

 個人や各地の『味(具)の普通』は存在して『普通の味(具)』は

存在しないのだと思う

 各国行った中で出された料理で調理上の失敗をされない限り

不味いというのはないのだと思う たまたま味覚の違い 志向の

違いで口に合わないものが存在するだけだと固く信じて 興味

持った食べ物は貪欲にトライした

 雑食系の自分としては口に合わないものが滅多に無いが

獲りたてもぎたてのセミをどうしても口に入れることが出来なかった

以外はまぁ食べたものだった

 調理済みの虫(バッタ類)を興味本位でかじってみた

クリスピー感ゼロの”ムニ”っとした食感は今でも呑み屋で

冷めた川エビをかじるとと思い出す

 タガメ酒を口にする機会があったが 使い込まれた公衆トイレに

入ると時々思い出す

 ドリアンもチョットづつ口にして食べたものだった(コラム ○○な

食べ物 参照)『食す』という日常何気ない行動に『頑張ってみる』

というのは食べ放題以来だった

 まぁ食べてきた そして大体が”イケる”範疇内と思うのが

ほとんどだった(タガメ酒 ドリアン マトン味のソフトクリーム以外)

 その中で忘れられない味が多々ある 今回はその中の1つ

ご飯『米』だ 米を主食とする国は少ない アジア一帯のゴハンは

ほとんどがパサパサしている これはこれで旨い が

我儘なものでモッチリした米を食べたくなったりする 中国では

まだやわらかい米が出てきたが 小石(ジャリ)がしょっちゅう

入っていてまさに”砂を噛む思い”をしたものだった 米を主食と

しない国々では米はサラダ感覚だったり 何らかの味がついていたり

モッチリツヤツヤとした米はなかなかお目にかかれない分

モッチリツヤツヤの米に募る思いが時々フラッシュバック

のように襲う

 そんな中ネパールのカトマンズ(首都)に滞在中で食べた

ゴハンは今までの旅に無いモッチリツヤツヤ感があって ゴハンを口に

入れて鼻から抜けるかほりは懐かしいにほいだったと今でも

思い出す 中国のハードな旅のあとカトマンズで食べた

”しょうが焼き定食(ヤングマン定食)”は今でも旅仲間との

語り草だ

 しかしもっとも『米』ゴハンで思い出されるのはグルジア ズグディディで

食べた米 場所は訳あって警察署 訳あって数日を過ごすことに

なった自分達(もう1人連れがいた)に婦人警官(でっかいオバサン)

が ”日本人は米を食べるでしょ” とわざわざ米を炊いてくれた

平べったい皿にコンモリ盛られたホカホカのゴハンは ツヤツヤ感は

欠けるがモッチリしているようだった ”ハイ”とスプーンを手渡され

ると下がりきっていたテンションがほんのチョット上がる

 皿を前にいっこうにオカズが出てこない スプーンを持って

愛想笑いのhelp eye を婦人警官に向けると

”あら ゴメンナサイネー”というような体で部屋を出て行った

ホッとするも束の間 皿の横にドンと置かれたのは何かの

調味料、、、、降りかける、、、白い! 塩か、、、、

既に期待はあらぬベクトルを変えていたがそれでもせっかくの

炊いてくれたゴハンを食べてみる         砂糖だった

今思えばオハギのアンコが無いものだと思えば良かったが

訳あってそこまでの心の余裕がその時に持ち合わせてなく

嬉々としてガッツク事が出来なかった スプーンが指揮者のタクト

のように宙を舞う もともと怒っている風の顔の婦人警官だったが

この時は本当に怒っていたのではなかろうか、、、わざわざ炊いてくれた

いっぱいのゴハンを婦人警官が1人ムッシムッシと砂糖がけゴハンを

たいらげていくのをすまなく思いながら横でチラ見していた

 CMで ♪サト~のゴォ~ハ~ン~♪♪ というフレーズを

耳にするとグルジアでのゴハンを思い出す

 コラムのオマケ

 ヤングマン定食……..カトマンズ タメル地区にある日本料理『古都』にある 定食コース ゴハンが食べ放題 

2010-04-12 | Posted in ISHIKAWA旅日記Comments Closed 

 

 旅のコラム 聞きまつがい

 旅の不定期コラムです 

 今もってそうだが B.T(Befor旅)でも 牛丼屋はあまり

縁が無く行った事が数えるぐらいだった 通勤途中に

見かけなかったこともあるが 仕事帰りに呑みには行くが

メシだけ食べて帰るという習慣が無く休日も1人では

メシ屋に入ることは稀であった どうしようもなく腹が減った時

数回どこかの牛丼屋に行ったぐらいだ

 旅をして数人の日本人達と異国の地で『日本食談義』に

なると必ず(100%)牛丼の話が出てくる(今思うとラーメンの

話はあまり出てこなかった) 吉野家派だの松屋派だの

贔屓の牛丼屋があり派閥をめぐってディベート合戦しているのを

ヘー とツバを飛ばされながら聞いていた

 これほど日本人バックパッカーにとって”心のよりどころの味”に

牛丼が堂々ランクインしている(個人集計)とは思っていなかった

 熱く語られるうちにしだいに牛丼の想いが少しずつ募っていった

 そんなある国のある宿でやはり牛丼の話になりその中で

『やっぱ ツユダだ!』 だの 『ネギダがいい!』 だの

『外国人がツユダで! と注文してた』 など言っている

そんな裏メニューがあるのかとビックリしながらまた

いぶかしく聞いていた 注文するときに恥ずかしくないのかと

聞くと『全然』 と皆憮然と答え首を横にフル こちらとしては

そのこと自体に憮然としながら眉間に眉を寄せる

 もしどうしようも無い時に注文してみようと思っていた 

 実はこの出来事 聞きまちがいから生まれたものだった

 A.T(After旅)ほのかに残っていた牛丼の想いが片隅にあり

しばらくして牛丼屋に出かけた 普通に注文して 本当に

裏メニューを頼む人がいるのか聞き耳を直立させていた

 2~3回通った時だった

ツユダクで!!』 そうはっきり隣から聞こえたとき一瞬

何のことを言っているのか判らなかった 隣の人のジャブジャブな

牛丼を見てその瞬間納得し みぞおちあたりがモヤモヤした

たぶん尻にもヒヤ汗をかいたと思う 

 普通に注文しててよかった、、、、

 聞き間違いとは今まで 「ツユだけ」 「ネギだけ」と

聞こえ勘違いしていた

 今もって「ツユダク」を「ツユだけ」と言ってしまいそうで

注文できない

 コラムのオマケ

 牛丼談義…….話の最後に必ず成田空港にあると嬉しい という話が結論になる

2010-03-22 | Posted in ISHIKAWA旅日記Comments Closed 

 

旅のコラム ゾッとする話

 旅の不定期コラムです

 ダルマ女(男)の話を知っているだろうか?

とある国のとある街に見世物小屋があった たまたまその街を

訪れた日本人旅行者が興味本位でその小屋に入ると 

手足が無く頭と体だけの女(男)が檻の中に目を閉じてたたずんでいた

その姿がまるでダルマのようだったという そのショッキングな光景に

旅行者は悲鳴とも日本語ともつかぬ声を上げてしまった 

その瞬間 ダルマのような女(男)がカッと目を見開いて

『日本大使館へ連絡して!』

大声で叫んだという あまりにも一連の衝撃に旅行者は小屋を

飛び出した しばらくして冷静になってもう一度小屋に行ってみると

そこには何も無くなっていたという、、、

細かいディテールは聞いた人さまざまちょっとした違いはあるが

大まかなアウトラインは まあこのような話だ

 またこんな宿の話を聞いた

とある国のとある街の宿は深夜になると部屋の天井の一部が

開いて人がスルスル降りてきたり 一部の壁が360度回転式に

なって人が現れたりする伊賀者甲賀者も真っ青な忍者屋敷になっている

こっそり部屋に忍び込んだ者は ”毛むくじゃらの大男” 

目的は部屋でグーグー寝ている無防備な寝込みを襲うためだという

”毛むくじゃらの大男”の性欲の暴走先は男性限定と なんとも

一部の男性は置いといて理不尽極まりない

旅行者は寝込みを襲われ 抵抗を試みるも相手は”毛むくじゃらの大男”

力で負かす勝率はあまりにも分母が大きすぎる 

それでも必死の抵抗に

『I’m AIDS !  I’m AIDS!! 』 と連呼するも

”毛むくじゃらの大男”はジタバタする耳元にバリトンヴォイスで

こう囁いたという

『No Probrem!  Me  Toooooo!!♥』

こうして 濃密な夜は過ぎていったという

 またこんな夫婦の話を聞いた

とある国のとある街に新婚旅行に訪れた2人が興味本位に

街の奥まで買い物に出かけた 気になる店を見つけ妻1人

が店に入り夫は外でブラブラしていたという 一向に出てこない

妻に痺れをきらせた夫が店に入ると 妻は忽然と姿を消していたという

そしてこの妻はどこかの国に売られ 最後にはダルマ女になったという、、、

 旅をしているとちょっとした旅の噂や旅伝説を怪談話のように

時に盛り上がり時にヒッソリと聞いた

旅の浮かれた気持ちにほんのチョッピリ警鐘を鳴らしたものだった

 こういった話は出どこがはっきりしないケースがほとんどで

実際旅の噂話のようなことに遭遇した人などあったことが無い 

ちょっとした出来事に尾ヒレ足ヒレがついていったのが大体の話だ

、、、しかしとある国のとある街を見てこんな話を聞いた

とある国のとある街はインド カルカッタ

街のいたるところにいたホームレス達が”ある日”を境に

姿を消したのだという、、、

”ある日” の前夜 ホームレス達を連なるトラックに乗せる役人風の

姿を見た者がいるという

ホームレス達はデカン高原という僻地に移送させられた と

人から人へ噂が流れた

 以後カルカッタにはホームレスが激減し街が綺麗になっていった

という、、、、

 カルカッタを訪れ聞いていたほど多くないホームレス達をみて

何気なく疑問を口にしたら こんな答えがヒソヒソ返ってきた

そして「”ある日”を境」というのは マザーテレサが亡くなった日と

重なるという、、、、

 コラムの補足

マザーテレサ 1997/9 永眠 享年87歳….. カトリック教会の修道女 カルカッタに『孤児の家』を開設 カルカッタのスラム街に住んでいる貧しい人や孤児の為(ホームレス)に最期まで奉仕活動をする             

                    以上 ゾッとする話でした

2010-02-08 | Posted in ISHIKAWA旅日記Comments Closed 

 

旅のコラム  ○○な食べ物

 旅のコラムです 不定期に書いていきます

 美味い食べ物 不味い食べ物 がある 美味い 不味いはその人の

味覚の主観であって必ずしも全員がそれに当てはまるものではない

 それでも大体がこの美味い不味いを共有し基準として

盛り上がった話にパセリ(花)を添える

だけども 美味い不味いの他にもっと表現を豊かに増やしてもいいだろう

たとえば『キケンな食べ物』 芋ケンピ 見るからに打撃系に強い

結構な殺傷能力があると思う キレた子供におやつとして出してはならない

ムンズと持つことも何気なく口に放り込むことも出来ない

なかなかキケンな怖い食べ物だと思う

 可愛いハイチ○ウや清楚なハイ○フトなどは仮歯差し歯のみ を

狙ってくるのでキケンというより『小悪魔な食べ物』だと思し 唐辛子なんてのは

ヒステリー系のテロリストな感じでサターンな食べ物だと思っている

 旅をしてあいつは『強い食べ物』だった、、と思うのが 

”皇帝ネロもビックリ” ”21世紀も最後まで暴君” 誰が決めたか知らないが

キング オブ フルーツ   ドリアン

トゲトゲのたたずまいが難攻不落の様相を体しており 割れば割ったで

賛否両論の香り及び味は豪放磊落というイメージしっくりする

芋ケンピが打撃系ならドリアンは総合格闘技系だ 打撃は勿論のことだが

気孔合気道系にも精通していることだ ドリアンが近く(ちょっと遠く)に

あるだけで遠隔操作により日常の平穏がザワザワ乱される

臭い(香り)を嗅いでこうなのだから初めて口に入れたときは脊髄反射で

口から飛び出した 味覚の前に舌が危険とジャッジしたからだ

赤ちゃんは何でも口に入れてしまうから酸っぱいものや苦いものなどは

危険!と本能が発揮し口から出してしまうがそれに似たことだと思う

たとえるなら 、、、、

”馬小屋で汗びっしょりかいた外国男性に腕枕されながら

チャオプラヤー川のドロと絶世の美女のウ○コを和えたのを誤って喰った”

                        イラスト 山崎大悟

感じ(個人感想) 強い!エッジが効いている 

それでも聞けば精がつくという せっせと2,3回トライを重ね 5回以上の

咀嚼は否と判断しそれでも飲み込むことが出来たが しばらくたったころ

ゲップでさらにダメージをもらった 格闘の後リングを後にして 控え室で

ゆっくりしてたら いきなり襲われた感じだった

強い、、エッジが効きすぎてる食べ物 ドリアン 

   想像してみて ドリアンの歯磨きを

   想像してみて ドリアンのクリスマスケーキを

   想像してみて シェフの気まぐれサラダinドリアンを

                             (J.レノン イマジン風) 

 身近なところで兵器は作られ憎悪は生まれる

しかしこれがハマると怖い 

アバタもエクボ ダテ喰う虫も好き好きシベリアンハスキー 

ドリアンが出回るころになると妻は質に入れられ この季節が待ち遠しくなる

という ゾっとする臭気はウットリする芳香に変わり

食べて今すぐ手を洗いたい気持ちを いつまでも手をベロベロしていたい

という気にさせるらしい     押しも強いが引きも強い

好きになればバツゲームに王様ゲームで王様になったようなもの  なのか?

自分もこの味の向こう側(ドリアン肯定派)にいつかいってみたい気がする                                                                                           

 コラムのオマケ

 チャオプラヤー川……タイ バンコクを流れる大河 ミルクティー色

 

2010-01-30 | Posted in ISHIKAWA旅日記Comments Closed