ISHIKAWA’SPAGE

写真集

先日 昔お世話になっていたM夫妻が店に遊びに来てくれた 本を届ける為でもあったという 本とは写真集 受け取り表紙の写真を見て急に記憶が20数年前に飛ぶ

当時美容のアシスタントから技術者になり色んな人と知り合いになり面白い人達と関わり始めた頃だった M夫妻から1人の外国人♂を紹介された 聞けば日本人の部屋を撮って世界を回ってるという 何とも独特な世界観を持ったドイツ人 イシカワの部屋も撮影に協力してよ との事 軽ーい気持ちで引き受けた 当時やっと風呂付の部屋に住んだのだが天井が低ーい6畳1kの狭ーいアパートだったので背の高ーい彼の目には「The(ジ)うさぎ小屋」に写った事だろう、、回想

それから25年程 あのドイツ人が世界を周り撮影して形として写真集となった 色んな苦労があったと思う 色んな支えがあったと思う 自分の作品を世に出すという事はどんな気持ちであろうか、、人生の偉業だ

写真集のページをめくる イイねぇ 彼の功績を辿る思いだ 各々の生活が見える 広い部屋がったり 笑いがある部屋だったり その人であるが為の部屋がある イイねぇ ページをめくる そして自分の部屋に自分も写っていた

狭!で 散らかってる‼︎ 片付けなさいとお母さんみたいに怒鳴りたくなる この本の中で1番のジ・うさぎ小屋、、でも当時の色々な記憶が再び蘇る タイムカプセルを開けた気分だった当時ブリーチヘアでした

2019-05-17 | Posted in ISHIKAWA'SPAGENo Comments » 

 

趣味への路 85 クリムト展

クリムトが好きだ

クリムトとは今から100年ちょい前の画家 好きになったきっかけは遥か昔 彼の代表作の1つ「接吻」をポスターで観たのがきっかけ

妖艶だけどファンシーに見えた けどその絵の女性の姿は幸せそうに見えるけど何処か全体に不安にさせられ夢うつつの世界に心騒ぎしたものだった

バックパッカーとして海外をぶらぶらしヨーロッパに入った途端財布の紐を固くしてたのだがお金がみるみる減っていくので早いうちにヨーロッパを抜けたかったがオーストリアにはどうしても寄りたかった国だった クリムトの絵があったから 「接吻」もあった 今迄買った画集の絵があった 夢中で観た 同じ絵を観たくて3日通った クラクラしたものだった

旅から20年経って日本にクリムト展が来ると知ったのは去年の夏 それから楽しみの1つになった

公開初日にクリムト展に行ってきた 張り切ってオープンと同時に着いた てっきり長蛇の列かと思ったらそうでもない

で観た 作品数は多くない (接吻は来てません)なので脳ミソがシビれるけど疲れない 若かりし頃クリムトの絵の細かいディテールに感性の嫉妬したものだったが今はつくづく感心して感激する 観られて良かった 今回もクラクラしました

「ユディト」顔をジーと見てたらカサブランカダンディの頃の沢田研二に見えてきた(令和なのに昭和ネタですいません)

2019-05-08 | Posted in ISHIKAWA'SPAGEComments Closed 

 

旅日記 NEXT DOOR タイ’19 ③

ここでの話はチョットした旅の話を綴っています、、、。

先週ペナン島に行ってきた 今回その話では無く先月行ったタイの話 我がブログの更新は海老蔵さんの600分の1 、、遅、、、

で タイの島の話

旅先の魅力は心を強く動かす景色や印象 記憶に残るぐらい心を「奪われる 」か「奪われた」か をきっかけにその土地の味 買い物やその地で出会った人の印象で変わっていく

この島はこれで4回目 この島今迄タイムスケジュール通りに移動した事がない 船が来ない 出ない 車が来ない etc

旅のストレスは言葉や通貨などあるが移動のタイムスケジュールもある この島 タイムスケジュールにとってもストレスを感じた島だかそれを凌駕する魅力がこの島にある

この島段々と宿の予約が取れづらくなってきた 人気が出てきたのだ と思ったら偶然かもしれないが今回の島の移動タイムスケジュールは全てオンタイムであった 人が集まればシステマチックになりスムーズに事が運ぶようになる 人はスキルで成長する とつくづく思う

で今回オンタイムに島に上陸 いつもの風景 だーれもいない海〜(南沙織か森高千里風で)といっても少しはいる

で たまたまではあったがその日は旧正月であった 旧暦は1日が新月であるからとても星が綺麗に見えるそして月の影響なのか干潮満潮の差が凄くあった時だった

水平線に朝日が昇る頃とまだまだ落ちそうに無い夕方になるともの凄く潮が引いて沖に島が出て来たりグラウンドが出来たりして砂浜では出来ないサッカーが出来る(宿のスタッフ)

島ではただハンモックに揺られ午睡を貪るのだが宿に無造作にシュノーケルセットが置いてあるので借りていいか と聞いたら余りにもぶっきらぼうに答えたので無料と確信 初シュノーケリング たゆたう魚達に暫し夢中 楽しい!けど海を中でミクロでみるより ぼんやり海を外からマクロでみたほうが自分にはあっている 海の中は体力と頭を使うのだ 島では日本で頑張って働いている人々がいるという背徳感をヒリヒリ感じてボーっとのんびりしたい

SNSの「いいね 」で旅が身近に感じられるようになった 行く人も増えたと思うし行かなくても切り取った景色はシェア出来るから旅気分も出来る けど自分のとっておきの秘密の「いいね」を1つくらいを持っておきたい

この島もその1つこの島の魅力はちょっとした旅のストレスと圧倒的な情景だ

いいねぇ

2019-03-14 | Posted in ISHIKAWA旅日記, ISHIKAWA'SPAGEComments Closed 

 

旅日記NEXT DOOR タイ’19 ②

ここでの話はチョットした旅の話を綴っています、、、。

成田からビューンと飛んで7時間 ドシン降り立てばバンコク空港 バンコクの中心部へ向かうべく電車の中で違和感を感じる ネイティブの乗客にマスク姿がとても目に付く 日本人がよく着けてるペラペラな物ではない 少し厚めなのだ 防塵マスクの様な重厚な物を装着してる人もいる とっても大気汚染コンシャス姿 そんなに⁈ 去年までは見かけない姿だっただけにショック たしかにここ最近のバンコクは澄み切った青空を見かけない 日光を遮る靄が立ち込めている うー深刻ではないか

気をとりなおし着くなりメシ バンコクのゴハンはピンからキリ迄色んな食事が出来 しかもアロイ(旨い) 人口が多いからか店同士切磋琢磨している様にも思う

おすすめはチムチュムという鍋 何度も紹介しているのでそろそろチムチュムのアンバサダーとして就任しないかとそわそわしている このチムチュム タイの東北地方の鍋 素焼の小さな鍋にハーブを効かせたスープに野菜や春雨 豚や牛などの肉か海鮮を生卵と絡めて鍋に入れる 蓋をして煮えるのを暫し待つ 肉に火が通ったら一緒に付いてくるタレ(辛い)にディップしてハフハフ頂く 暑いバンコクで熱い鍋をつつくのは誠にビールが進む 今回も新しい店を発見 ここのチムチュムは出汁にとてもハーブが効いていて素材の旨さが出て来る前から旨い チムチュムの何が日本への普及に水をさすのか未だに謎だ

あとはプーカイをおすすめしたい “プー"がカニで"カイ"が卵 茹でた子持ちのカニだ コレはバンコクでも食べる事が出来るが少し郊外に行くと更に美味しいプーカイが頂ける カニを食べるとなると身を取る労働と比較して思ったより身(報酬)が少ないと思いそこまで食指が伸びなかった がここのは労働に対して旨いくしっかりとした報酬(身)が得られる カニの身もそうだが内子と外子のネットリした旨味が目をトロンとさせる ネガティブな事を言えば手にカニの匂いが暫く残る 満腹にカニの匂いは胸焼けするがついつい嗅いでしまう 1キロ3500円 それでもおすすめ

バンコクは専ら食事とスーパーで調味料の買い出しが主 バンコク経由で島に向かう

島はまた次回

2019-02-20 | Posted in ISHIKAWA旅日記, ISHIKAWA'SPAGEComments Closed 

 

旅日記 NEXT DOORタイ’19 ①

ここでの話はチョットした旅の話を綴っています、、、。

先日タイに行って来た 1年ぶり

娘はだいぶ大きくなったであろうか この1年の間では年頃娘の成長は眩しいばかりであろう

と書くと だからしょっちゅうタイに行くのだと納得されそうだ (仮想家族)

心のドSがそうするのがドMがそうさせるのか旅に労は値切らない主義だがここ最近同じ島ばかり行っている 今回も同じ島 SNSなどで秘匿とされてた場所は割と訪れる人がカジュアルに増えた気がするがこの島は未だSNSでイイネを貰ってない島の様だ イイネェ

自分も紹介してない 1つ位は自分の秘密の場所を持っておきたい だから秘密の島

バンコクやこの島の気温35度超え出来事を今回も書こうと思う

2019-02-13 | Posted in ISHIKAWA旅日記, ISHIKAWA'SPAGEComments Closed