旅日記 NEXT DOOR 旅のるるぶ2

ここでの話はちょっとした旅の話を綴ってます、、、。

ピピ島を後ろ髪引かれる思いをしながらも プーケットでも我々の「るるぶ」は続く

先ずは頬張「る」

ピピ島の飯もそれなりに旨かったのだがどうも味のパンチはスクエアであって我々をヒーヒーさせてくれない

プーケットの老若男女外国人が集まる中心部でのタイ飯はシーフードが幅を利かせ 値段の幅は狭く高い タイの味付けだろうがその刺激は手の甲で頬を撫でる位のものである(個人の感想です)

なので我々の飯は歩いて外国人がいなくなる程の ど☆ローカル飯屋を行く

先ずはムーカタ屋

ムーカタとはタイ式焼肉 とでも言おう ジンギスカン鍋の似た鍋の周りにスープを張り野菜や練り物などをグツグツ煮る

中心部には

肉(シーフード)をジュージュー焼く

辛さをカスタマイズしたタレで

ハフハフ頬張る 肉汁がスープとマリアージュ 〆のラーメンがアロイ!

ムーカタの何が日本で普及に水をさしてるのかは 今もって分からずじまいだ     旨い

プーケットにもチムチュムはある

チムチュムとはタイ北部の家庭料理

肉やシーフードを生卵と絡め鍋にぶち込むハーブ鍋 とでも言おう

カンカンに火を炊いた鍋に肉 野菜もぶち込んで 辛いタレでハフハフ頬張る     旨い‼︎

頬張「る」 飲(や)るばかりでは無い

買い物もする

だから 我々は値切「る」のだ

 値段交渉し破談もあるが愉しい心理ゲームだ 安く買えた!と喜んだ処で店の利益は必ず出てるはずなので我々は幾らで買えるか⁉︎が愉しい

さんざん悩んで迷ってそれから 値切る

で 買ったのは

I ❤️ PHUKET〜(下条アトム風で)

 眠っていたメラニンは叩き起こされ 胃袋と肝臓はフル稼働し相手を慮る遠慮が無くなれば

旅のるるぶの仕上げは

ネイティ「ぶ」 で完結する(後ろの観光客との色の差を瞠目せよ!)

旅のるるぶに付き合ってくれた

モヒT君 AKK32 に感謝

2015-03-14 | Posted in ISHIKAWA旅日記, ISHIKAWA'SPAGEComments Closed